スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮭の味噌漬け焼き弁当

お弁当
[ケータイ用写真] 「今日の愛夫弁当」

レシピ

味噌とみりんを混ぜて鮭に塗ってラップし2日後味噌を拭いて弱火で焼く

カボチャの種と綿を取り薄く切ってグリルで焼く

パプリカを1口大にカットしフライパンで焼き器で切り昆布と和える

かぶの葉を刻みじゃことフライパンで炒めて醤油少々

里芋の皮をむいてダシで煮て塩で調味し1晩汁ごと置く

溶き卵にホールコーン少々とだし醤油を加えて巻き焼く


献立

鮭の味噌漬け焼き / Grilled salmon fillet with Miso sauce
かぼちゃとパプリカの焼きもの / Grilled Kabocha squash and sweet papper
里芋の煮もの / Simmered taro
かぶの葉とじゃこの炒め / Stir-fried turnip’s leaf with Jako (boiled and dried baby sardines)
コーン入りだし巻きたまご / Japanese rolled egg with cone

コメント

鮭は数日漬けこんでおき味噌をふき取った後、焦げやすいので弱火@魚焼きグリル。パプリカは焼いた後切り昆布和え。里芋はこんにゃくと一緒に味噌味の煮っ転がしにしようかと思ったけど、味噌が鮭とかぶるので普通煮。かぶの葉炒めは常備菜的定番。卵はホットケーキにいれようか迷った結果弁当に入れ、朝ご飯はお粥。来週は梅干しが届くので梅粥が続くかな。寒い朝にはあたたか~いお粥が体にしみますね。

かぶが旬の時期ですね。かぶは「日本書紀」にも出てくるほど歴史がある為か、「ご当地かぶ」と言えるほど日本各地で色んな名前のかぶがあるそうな。北海道なら札幌紫かぶ、新潟なら寄居かぶ、岐阜なら飛騨紅かぶ、京都は聖護院かぶ、島根の津田かぶ、博多据わりかぶ。

葉と茎は冷凍してあるじゃこと炒めてごはんの友に。実は漬物にしても良かったんですが、鶏手羽元と一緒に煮物にして夕食に。なんだかね、温かいものが食べたいじゃないですか。はてさて、土曜日に届いた食材は、これですっかり食べつくしてしまったので、金曜日の分だけ買いものにいかなきゃ・・・。


姫路城
[ケータイ用写真なし] 「姫路城前にて」

今週後半の仕事先は姫路。黒の烏城(うじょう)岡山城の次は、白鷲の姫路城。なかなか乙なスケジュール。姫路と言えば、MOCO&MUKUの生まれ故郷なんですねー。来月にはMOCOさんも4歳。早いなぁ。


ちなみに小さい時はこんなかんじでした。

→MOCOさんの小さい時の写真集

→MUKUクンの小さい時の写真集


では、仕事にいってきます&いってらっしゃい♪

コメントの投稿

Private :

 1日位たってから表示されます。のんびりお待ち下さい。

こんにちは、はじめまして。
いつも見てるだけですが・・・
どうしても気になってコメントしちゃいました。
小さいころの紹介のリンクが二つとも『MOCO』になっちゃってますよー・・・

ホントだ・・・直しときます、ありがとー^^
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。