スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能登の巻ぶり巻弁当

P1230719-1.jpg[ケータイ用] 先日石川県に出張した際に買ってきた能登名物「巻鰤(まきぶり)」。寒ならではの脂ののった寒ぶりを寒風干しにして、藁(わら)に包み、縄でぐるぐる巻きこんだものです。旨みがギュッと濃縮されていて、いわゆる「酒のつまみ系」食材ですが、「酒のつまみ」と「ごはんの友」は表裏一体ってことで、



P1230924-2.jpg[ケータイ用] 今日はそんな巻ぶりを巻物にしてみました(そしてわらは敷いてみました)。見た目は地味ですけど、旨みもあって、塩気もあって、ご飯にぴったり♪ 石川県のお寿司屋さんでも出してるかもしれないですね。

付け合わせは鶏と根菜のあっさり煮物、いんげんの胡麻和え、そしてマシュマロ卵。テレビで見た「マシュマロをレンジで溶かして卵焼きに加えると、冷めてもふっくら」ってのに挑戦してみましたが、ちょっと焦がしちゃいました。ふっくとはしてたかな?



P1230751-1.jpg[ケータイ用] 今週来週は仕事先が神戸なので、朝も夕方もゆっくり。MOCOMUKUとも長く遊べます。今日はスーツの毛玉とりが大変でした。。。また明日♪

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。