スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車麩チャンプルー@沖縄料理教室

今日は休日でお弁当作りはお休み。ところで、左のナビにも書いていますが、MOCOMUKUの小さい頃の動画をUPしているページをリンクし忘れていました。気になる方は「MOCOMUKU動画」からどうぞ♪


20080709_P1190442.jpg

さて、沖縄で滞在したホテルには敷地内にレストランが7種類位あり、ホテルの敷地から出ることなく、レンタルカートで、朝・昼・晩とぐるぐる回っていました。 初日の夜に行ったのは沖縄料理のお店「くすくす」さんだったんですが、そこで食べた車麩のチャンプルーが「ボリュームがあって美味しいね」と話していたところ、



20080712_P1190777.jpg

数日後に申し込んでいた「沖縄料理教室」の会場がなんとその店の厨房で、しかも作るものもその美味しいねーと言ってた車麩のチャンプルーなどチャンプルー3種類。教えてくださったのは自称(ほんとに自分でおっしゃってた)沖縄料理の鉄人。

料理教室って一度行ってみたかったんです。子供の頃から本やマンガを片手に作っていたのですが、人に習ったことが無くて^^; その日の参加者は僕達夫婦2人だけ。嫁さんは白と赤のエプロン、僕は白と青のエプロンをつけて、手をきれいに洗って、実習開始。


20080712_P1190770.jpg

車麩は2つに折って、水を含ませます。柔らかくなったら水気を切って、一口サイズにちぎります。


20080712_P1190775.jpg

ボールに移して、溶き卵で和え、顆粒だしと塩で下味をつけておくのがポイント。


20080712_P1190779.jpg

これをフライパンで炒めてボールに取っておき、その後適当な野菜と、ハムをフライパンで炒めておいて、両者を炒めあわせたらできあがり。車麩のもちっとした感じが美味しいです。


20080712_P1190786.jpg

そんなこんなで、チャンプルー3品のできあがり。ゴーヤチャンプルーは一人1皿作りました。ゴーヤのあく抜きの仕方を今まで間違えてたことを知りました(笑)。ソーメンチャンプルーはツナ缶とニラだけでつくるシンプルなものですが、なかなかいけます♪ 鉄人によると「ソーメンチャンプルーは台風のときに作るのが習慣」だそうです。車麩同様、ゆでたソーメンに下味をつけておくのがポイント♪

やっぱりちゃんとした人に教わるっていいですねー。自分も料理をしているので話が弾みます。料理教室、神戸でいいトコないか探してみようかな♪ 明日の更新は「沖縄のカフェも行っておかなくちゃね」編です。



最近の買い物。夏の暑い時期、留守中の猫部屋の温湿度がわかるので安心です♪

コメントの投稿

Private :

 1日位たってから表示されます。のんびりお待ち下さい。
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。